2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09


TOP > スポンサー広告 > title - 治療入院生活の始まり!NO8TOP > 治療入院 > title - 治療入院生活の始まり!NO8
☆ご訪問ありがとうございます☆

娘と離れて暮らす事が決まり、一度は終了した、このblogですが、
糖尿病1型「小児IDDM」に 加え離れて暮らす私自身の事等も・・・ またボチボチ再始動したいと思います。
娘と離れて暮らしてても、たまに会ったり、お泊りに来たりしているので、また少しづつ娘の成長を書いていきたいと思います。

 スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ-【スポンサー広告 top↑


+ Comment List +

 治療入院生活の始まり!NO8 
入院生活が6週目に入った。
外出を許された娘は、雨が降らない限り散歩に出かけた。ほぼ毎日の日課になったおかげでストレスも減り、道端に咲いてるタンポポを持ち帰っては、看護師さんにあげたり、病室に飾ったりして楽しんでいた

この頃になると私も娘に射つインスリン注射にも慣れた。 
しかし子供は本当に大人がする事を良く見ているもので、自ら自分にいる器具を用意するようになり、足りない物があるとすぐに気付き、器具のセットまでするようになっていた
この調子だと自分でインスリンを打つ日は近いかもね!って看護師さん達が言ってくれていました。   

6週目の半ば頃から外泊も許可されたが、始めは徐々にって事で、寝る前のインスリン注射を病院でしてから帰って家で寝て次の朝、病院に戻るといった生活を何度か繰り返した。
娘にとっては、久々の家で寝に帰るだけでも家族皆で過ごせる事が嬉しかったみたい
私もこの日は、久々にゆっくり眠れた   

次の日の夕方、娘が通っていた保育園の園長先生と元担任だった先生が娘に会いに来てくれた。
面会時間ギリギリだったから私達が下(玄関ホール)へ向かいました。
もちろん下へ降りる許可を看護師さんからもらってだけど・・・
娘は先生達を見つけテンションで駆けよって行ってた。
先生達は娘の元気ぶりにビックリしていた。先生達に娘の容体を聞かれ、詳しく話し今後の事も話して再入園出来ないかと聞いてみたけど、園長先生は役所が許可しない限り受け入れは無理だと言われた・・・
でも、園に遊びに来るぶんには問題ないし、子供達も娘に会いたがってるから退院したらいつでも園に来て下さい。と言う言葉はありがたく、嬉しい言葉でもありました。

36日目 125(4) 127(4) 216(5) 75(2)


37日目 107(4) 107(5) 81(3) 115(2)


38日目 126(4) 84(5) 124(3) 81(2)


39日目 137(4) 99(5) 117(3) 112(2)


40日目 59(4) 116(5) 116(3) 64(2)


41日目 135(3) 93(5) 227(4) 93(2)


42日目 126(3) 120(5) 235(4) 116(2)

スポンサーサイト

テーマ ブログ日記 ジャンル ブログ
カテゴリ-【治療入院 トラックバック(0)  コメント(0) top↑


+ Comment List +

<<治療入院生活の始まり!NO9 | ホーム | 治療入院生活の始まり!NO7>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://nikoniko1104.blog106.fc2.com/tb.php/11-9a2e64b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
プロフィール

いいわよママ

Author:いいわよママ
娘の病名 糖尿病1型

2007年3月・・当時4才の娘が糖尿病1型と判明・・・。
理由あって一年前から娘と離れて暮らしています。
新たな人生を歩んでいますが、私は娘と離れているだけで、別れではないと思っています。

最近の記事+コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。